肝硬変の自覚症状


スポンサードリンク


早期発見が大切!肝硬変の自覚症状

肝硬変自覚症状について紹介します。

 

最初は比較的自覚症状は少ないですが、肝硬変が徐々に悪化することによっていくつか症状が自覚することができます。

 

そもそも肝臓は他の臓器と比べて、なかなか症状が出難いものです。

 

そのために病気の自覚が遅くなり、ウィルス性肝炎に感染しても気が付かずにいることがケースが多いので注意してください。

 

主な肝硬変の症状には疲労感や、無気力、食欲不振、貧血、黄疸、腹水などが挙げられます。

 

万が一肝硬変の症状が重くなった際には、意識障害や昏睡状態などを引き起こす恐れがあります。

 

肝硬変により、肝機能が低下し解毒障害が起こると、口臭、肝性昏睡、黄疸、手掌紅斑(手のひらが赤くなる)、くも状血管腫などが起こるケースも考えられます。

 

 

 

 

 

 

肝硬変は経過の長い長期的な治療が必要な病気の一つです。

 

短期間では治療できないですが、忍耐強く、マイペースで徐々に改善されていくが大切です。

 

日頃から、体重・腹囲の確認や、定期的来院を実行してください。

 

以上、肝硬変の自覚症状についてでした。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

気になる肝硬変の末期症状を確認しよう!
肝硬変の症状に関して詳しく掲載しています。自覚症状や初期〜末期症状まで幅広く解説しています。肝硬変の症状の疑いのある方は一度チェックしてみてください。
気になる肝硬変の初期症状とは・・・
肝硬変の初期症状は、肝臓自体が高い組織再生能力を持つ臓器であるため、線維化がかなり進むまで自分で感じることが少ないです。自覚症状がないため、慢性肝臓病気症状と間違えるケースが多々あります。
肝硬変の代表的な症状である腹水
肝硬変の症状で代表的なものが腹水です。腹水の知識をしっかりと学んで対策を実施しましょう。
肝硬変の症状を悪化させない!
肝硬変の症状に関して詳しく掲載しています。自覚症状や初期〜末期症状まで幅広く解説しています。肝硬変の症状の疑いのある方は一度チェックしてみてください。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識