肝硬変の初期症状


スポンサードリンク


気になる肝硬変の初期症状とは・・・

肝硬変初期症状について紹介します。

 

肝硬変の初期症状は、肝臓自体が高い組織再生能力を持つ臓器であるため、線維化がかなり進むまで自分で感じることが少ないです。

 

自覚症状がないため、慢性肝臓病気症状と間違えるケースが多々あります。

 

肝硬変の初期症状と似たような症状が出たら、病院の検査を受けることが一番大切なことです。

 

また肝臓の組織が壊されて黄だんが発生するケースもあるのですが、肝硬変で多く見られる黄だんは軽いものです。

 

その違いをしっかりと認識しておいてください。

 

 

肝硬変では、肝細胞障害により、血清たんぱく質が変化してしまい、アルプミンの減少やホルモン異常、さらには腹水の症状がでることがあります。

 

ひどい場合には蛙のお腹のようにお腹が大きく膨れ上がります。

 

 

 

 

 

 

治療方法には、「ウイルスを排除する治療法」と、「肝臓の炎症を鎮めて、病気の進行を抑える治療法」>が有効です。

 

代表的な治療薬としては、経口抗ウイルス薬などが存在します。

 

処方される治療薬はウイルスの種類によって様々であり、また個人の体質などよっても効果の差が幅広いです。

 

近年ではさまざまな研究の成果で、ウイルスを排除する方法で治癒する方が増えてきています。

 

また肝炎にかかっている場合では、たとえ肝炎が完全に完治していなくても、炎症を抑えることにより、肝硬変への進行を防ぐ効果も期待できます。

 

まずは早期に完全することだけを目的にせず、時間をかけて治療を続けることが大切です。

 

 

以上、肝硬変の初期症状についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

早期発見が大切!肝硬変の自覚症状
肝硬変の症状に関して詳しく掲載しています。自覚症状や初期〜末期症状まで幅広く解説しています。肝硬変の症状の疑いのある方は一度チェックしてみてください。
気になる肝硬変の末期症状を確認しよう!
肝硬変の症状に関して詳しく掲載しています。自覚症状や初期〜末期症状まで幅広く解説しています。肝硬変の症状の疑いのある方は一度チェックしてみてください。
肝硬変の代表的な症状である腹水
肝硬変の症状で代表的なものが腹水です。腹水の知識をしっかりと学んで対策を実施しましょう。
肝硬変の症状を悪化させない!
肝硬変の症状に関して詳しく掲載しています。自覚症状や初期〜末期症状まで幅広く解説しています。肝硬変の症状の疑いのある方は一度チェックしてみてください。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識