肝硬変の治療薬


スポンサードリンク


肝硬変の症状を改善するための治療薬とは・・・

肝硬変治療薬について紹介します。

 

肝硬変は、肝機能障害に関する病気で、早期の治療を行わないと、最悪の場合には肝がんに悪化してしまう可能性が高いと言われています。

 

根本的に肝硬変を完全に治療することができる治療方法がまだ開発されていないので、早期発見がとても重要です。

 

肝硬変には数種類のタイプに分類されます。

 

中でも原発性胆汁性肝硬変の治療方法には、薬物による治療法が一般的になっています。

 

原発性胆汁性肝硬変の治療薬には、「ウルソデオキシコール酸」という薬物での治療法が実施されています。

 

 

 

 

 

 

 

また最近では、新薬候補として肝硬変を治療が可能な薬の研究が続けられています。

 

肝硬変治療に効果のある核酸医薬の開発が始まっています。

 

キャリアーと呼ばれるポリマー製の球体に、人工的に塩基配列を組み替えられたリボ核酸を内包している薬です。

 

細胞に上手に取りこまれるようにポリマー製の球体にトゲ状のビタミンAが多く付いているのが特徴です。

 

肝硬変はウイルスやアルコールの摂取などが原因で、肝臓が破壊され、その修復のために肝臓組織が繊維状に結合する結果、引き起こされる症状です。

 

このような星細胞と呼ばれる細胞が活性化することでできる特殊なたんぱく質が臓器の表面に張り付き、肝臓を硬化させる働きを期待されています。

 

以上、肝硬変の治療薬についてでした。

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

まずは肝硬変の治療方法を知ろう
肝硬変の治療方法を紹介しているページです。有効な肝硬変の治療方法を実施することが大切です。
肝硬変(腹水)の治療方法を解説
肝硬変の腹水の治療に関して紹介しています。効果的な福祉の治療方法を学んでください。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識