肝硬変(腹水)の治療方法


スポンサードリンク


肝硬変(腹水)の治療方法を解説

肝硬変(腹水)の治療について紹介します。

 

一般的には、非代償性肝硬変の患者さんに腹水の症状になるケースが多いです。

 

腹水にはいくつかの原因があります。

 

主な原因は、肝臓の細胞が破壊されて減少すると、蛋白合性能がどんどん低下していきます。

 

血液中のアルブミンが減少してしまい、低アルブミン血症になるためです。

 

血清アルブミンの値が3.0g/dl以下に減少してしまうと、血管の中に水分を維持しておく膠質の浸透圧が低くなるので、腹水が発生する恐れが高くなります。

 

また腹水は急性の環疾患で生じるのではなく、慢性の肝疾患で生じる症状の一つです。

 

 

 

 

 

 

腹水の治療方法には一般的には安静療法や、食事療法、アルブミン製剤、あるいは利尿剤の投与などが活用されています。

 

食事療法では塩分の摂取量を一日1〜3g以下に制限して食事をコントロールします。

 

腹水を治療するには、高蛋白食が重要な要素になります。

 

また高アンモニア血症を伴うケースでは、蛋白質を1g/kg以下に抑えるようにコントロールしていきます。

 

上述したように食事療法だけでなく、アルブミン製剤や利尿剤などを利用する際もあります。

 

これらの治療が効果のない場合は、穿刺により施術で腹水を抜く治療方法を選択することで治療します。

 

以上、肝硬変(腹水)の治療についてでした。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

まずは肝硬変の治療方法を知ろう
肝硬変の治療方法を紹介しているページです。有効な肝硬変の治療方法を実施することが大切です。
肝硬変の症状を改善するための治療薬とは・・・
肝硬変の症状を改善するための治療薬を紹介しています。病院で肝硬変の治療薬をアドバイスしてもらいましょう。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識