肝硬変の原因はアミオダロンの長期投与


スポンサードリンク


アミオダロンの長期投与が肝硬変を引き起こす原因に?

不整脈を抑える薬として、その効き目の確かさから有効視されているアミオダロンというジェネリック薬品が、副作用により重篤な肝硬変を引き起こすことが分かり、実際にアミオダロンの副作用で肝硬変が重篤化した例が報告されました。

 

アミオダロンは他の薬が効かない不整脈の患者にも効果を表すなど、不整脈治療薬区としてはとても優れた効能が確認されています。

 

 

 

(ジェネリック薬品のアミオダロン)

 

 

 

 

 

一方で、強い副作用の問題も認識されていて、その使用にあたっては高度に専門的な判断が必要となります。

 

不整脈の患者とししては、他の薬剤がきかない場合の最後の頼みの綱でもあるわけですが、同時に深刻な肝硬変を引き起こすおそれもあるということがわかっているため、そのリスクを理解した上で選択しなければなりません。

 

医療知識を持たない多くの一般的な不整脈の患者からすると、医師にできるだけ丁寧な説明と、リスクに対する注意を期待するしかありません。

 

薬品は一般的に、ある症状に対しての効き目が強い場合には、別の症状に対する副作用も強くなる傾向があることがわかっています。

 

身体の機能に強く反応するということは、必ずしも狙った組織や機能だけではなく、他の身体機構にも同様に強い影響が出やすいからです。

 

 

 

 

 

 

このように、薬の効き目と副作用については来ても切れない関係にあり、よく効く薬について、以下に副作用によるマイナスの影響を抑えるかということに、医療現場では日夜頭を悩ませています。

 

一つの症状に対して多くの種類の薬が処方されるのは、複数の薬の組み合わせの効果で効き目を高めるという点と、メインの薬の副作用を抑えるために別の薬を服用するという、両方の側面があるからです。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

肝硬変の原因を検証する
肝硬変の原因に関して解説しています。肝硬変の症状を引き起こす原因を学びましょう。
肝硬変の原因を追究する
肝硬変の原因を追究しましょう。肝硬変の原因をしっかりと追及して正しい治療を施すことが大切です。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識