肝硬変とアルコール


スポンサードリンク


肝硬変はアルコールが原因

肝硬変アルコールに関する情報を紹介します。

 

アルコールの働きは、アルコール分が身体に摂取されると肝臓によってエネルギー源に変えられます。

 

そして最後に炭酸ガスと水分に分解され体外に排出されます。

 

これが一連の流れとなるわけですが、毎日大量にアルコールを摂取すると、肝臓は働き続けなければならいので休むことができません。

 

徐々に傷んで肝臓の機能が低下していき、アルコール性肝障害を引き起こすことがあります。

 

つまり、アルコールを多く頻繁に飲む人ほどアルコール性肝障害になる可能性が高くなるということが言えます。

 

 

 

 

 

 

範囲を超えた飲酒を長期間続けると次第に肝臓の線維が増加して肝線維症という症状になっていきます。

 

そしてさらに飲酒を継続する結果、線維の量が増え、肝臓が硬くなると肝硬変になります。

 

目安として、1日5合以上を10年間継続すると肝硬変になる確率が非常に高くなるという報告データがあります。

 

体質的にアルコールに弱いとされている女性なら、その約半分ほどの摂取量でアルコール性肝硬変に陥ってしまう可能性もあります。

 

この数値はあくまで目安程度として参考にしてください。

 

アルコール性肝繊維症の段階で早期に治療することが大切です。

 

この段階でしっかりと治療しなければ完治が難しくなります。

 

自覚症状が出にくいので、日ごろからアルコールの摂取量には十分注意して控えめ程度で止めておくことが肝硬変を防ぐ一番の有効な方法かもしれません。

 

 

 

 

 

以上、肝硬変はアルコールが原因についてでした。



 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

アルコール性肝硬変の症状
肝硬変の症状の中にアルコール性肝硬変があります。アルコール肝硬変の症状を詳しく解説しています。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識