アルコール性肝硬変


スポンサードリンク


アルコール性肝硬変の症状

今回はアルコール性>肝硬変について紹介します。

 

アルコール性肝硬変の症状になる前に、まずアルコール性肝線維症の症状が出るケースが多いです。

 

このアルコール性肝線維症とは、長期間の飲酒が原因で、肝臓の線維が増加していく症状のことです。

 

もちろんアルコール性肝硬変になってしまう前にお酒を控えれば、健康な肝臓に戻すことも実現可能です。

 

一方、アルコール性肝線維症になってもそのままお酒を飲み続ければ、アルコール性肝硬変の症状を引き起こす結果となり、治療が見込めなくなってしまうことにもなりかねません。

 

アルコールが原因で生じる肝疾患の症状は、主なものとして、脂肪肝やアルコール性肝線維症、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変など実にさまざまです。

 

 

 

 

 

アルコール依存症になると、肝臓疾患だけでなく内臓疾患全体にかかりやすくなるという統計データもあります。

 

日本ではアルコール性肝硬変で悩んでいる患者が実に5万人近くも存在します。

 

発症してしまうと長い間苦しめられることになる厄介な病気なので早期発見に努めてください。

 

もし気になるようなら近所の大きい病院で検査を受けてみてください。

 

何よりも早期発見が大切ですよ^^

 

以上、アルコール性肝硬変についてでした。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

肝硬変はアルコールが原因
肝硬変になる原因の一つにアルコールが関係していることがあります。アルコールの過度の摂取は控えましょう。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識