肝硬変に適した食事


スポンサードリンク


肝硬変を食事で改善する

肝硬変食事で改善する方法を紹介します。

 

一般的に言って、肝硬変の症状の方の食欲は健康な方と比較して悪く、消化機能も低下しています。

 

毎日の食事の献立をきっちりと管理して、栄養バランスを調整するということが、症状を改善するためには重要です。

 

肝機能の損害程度の程度によって、食事制限の度合いも異なるので症状をしっかりと把握して実施しましょう。

 

肝硬変になると十分な栄養を摂取しなければいけませんが、栄養を重視し過ぎるのは逆によくなく、バランスが大切です。

 

特に脂肪の多いものは消化吸収も悪くなるので、食事療法でコントロールしましょう。

 

肝硬変に食事療法をきちんと取り入れることで、筋肉が衰えていくことを防止することができます。

 

少し前までは、余分なエネルギーやタンパク質を多く摂取して、脂肪を控えることが大切だと考えられてきました。

 

しかし最近の研究結果では、症状が良くない肝臓に栄養を多く与えても、身体に負担になってしまい逆効果にようです。

 

 

 

 

 

<食べてはいけない食べ物>

 

1)硬いものや粗いもの

 

2)お酒(アルコール飲料)

 

3)刺激の強い調味料が入ったもの

 

4)プリン体の多い食べ物

 

5)油分の多いもの、揚げ物、漬物

 

 

 

しっかりと食事をコントロールして、肝硬変の症状から改善してください。

 

以上、肝硬変を食事で改善するについてでした。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

肝硬変にお薦めの食事療法
肝硬変には食事療法も効果的な治療方法だと言われています。食事療法のポイントを詳しく解説しています。
肝硬変の食事制限
肝硬変の症状を改善するために食事療法も有効です。食事療法を取り入れて肝硬変を治療しましょう。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識