肝硬変の食事制限


スポンサードリンク


肝硬変の食事制限

肝硬変食事制限について紹介します。

 

肝硬変になると、以前の健康な肝臓に完全に戻ることは今の医学の技術では困難だと言われています。

 

つまり、つまり肝硬変になってしまった際は、食事制限を実施して、現在の肝機能をいかに長く維持することに主眼が置かれています。

 

高たんぱく、高カロリーな食べ物を献立に取り入れつつ、塩分やアルコールなどをできる限り控えるようにすることが大切です。

 

肝硬変の代償期の症状になると、食事療法を基本に改善治療を施すことが多いです。

 

特にたんぱく質の摂取が大切だといわれています。

 

理由は、異常のある肝細胞を再生する働きがたんぱく質にはあるためです。

 

栄養バランスのとれた食事内容をベースに考えられた食事療法を取り入れます。

 

食事制限の内容としてはいくつか点を紹介します。

 

 

 

1)朝、昼、夕の3食を摂取する

 

2)適正かつ必要なエネルギー(カロリー)量を摂取する

 

3)多くの種類の食品をバランスよく摂取する

 

4)ビタミンやミネラルをたくさん含む野菜、果物、海藻が効果的

 

5)食物繊維の多く含有する食品を摂取

 

6)塩分の多い食べ物は控える

 

 

 

 

 

 

まずあなた自身の判断で食事を制限せず、信頼できる医師や管理栄養士からの適切なアドバイスを受けて実施しましょう。

 

なぜなら、合併症などのさまざまな症状を考慮する必要があるためです。

 

上述した食事制限は肝硬変の症状の方、全員に当てはまらない点をしっかりと認識してください。

 

以上、肝硬変の食事制限についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

肝硬変にお薦めの食事療法
肝硬変には食事療法も効果的な治療方法だと言われています。食事療法のポイントを詳しく解説しています。
肝硬変を食事で改善する
肝硬変を食事療法で改善するための方法を紹介しています。食事療法で無理なく肝硬変を改善しましょう。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識