肝硬変に適した食事療法


スポンサードリンク


肝硬変にお薦めの食事療法を紹介

肝硬変食事療法について紹介します。

 

肝硬変の症状の場合には、慢性肝炎と際と同様に、栄養のバランスがよく、なおかつ低カロリーの食事を摂取することが大切です。

 

普通、肝硬変が悪化して腹水の症状がでてきたり、肝性脳症になったりすると、塩分やタンパク質を抑える食事制限が実施されます。

 

肝硬変は代償期非代償期に分けられます。

 

比較的軽い症状とされる代償期においては、肝臓の弱った箇所が他の部分で代償されているため、できる限り十分な栄養を摂取することが重要です。

 

一方、非代償期においては、血漿アミノ酸不均衡、低アルブミン血症、高インスリン血症などの種々な栄養代謝の異常を生じます。

 

それぞれに適応した食事療法を実施する必要があります。

 

 

 

 

 

肝硬変食事療法における注意点として、高たんぱく、高エネルギーの食事をしっかりと心がけてください。

 

理由は、アルコール性肝硬変の場合では、飲酒のために通常食べることによって、摂取するたんぱく質やエネルギーなどの栄養が不足しがちになります。

 

そのため、高たんぱく・高エネルギー食が非常に効果的だからです。

 

ウィルス性の肝硬変の症状の場合には高たんぱく高エネルギー食を過剰に摂取するよりもバランスよく適量をとることが重要です。

 

 

 

 

 

 

また、就寝前に軽い食事をすることもおススメです。

 

非代償期の肝硬変の症状の場合には、肝臓のグリコーゲン貯蔵量が減少してしまいがちです。そのため、食後の10時間近く経過する早朝起床時には必要な糖分が不足状態になるのです。

 

これを未然に防止するため、就寝前に軽食をとるように医師からアドバイスされることがあります。

 

具体的には、おにぎりやパンなどです。

 

実際に軽食が必要かどうかは、信頼できる医師や栄養士に相談してから実行してくださいね!

 

以上、肝硬変の食事療法についてでした。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

肝硬変を食事で改善する
肝硬変を食事療法で改善するための方法を紹介しています。食事療法で無理なく肝硬変を改善しましょう。
肝硬変の食事制限
肝硬変の症状を改善するために食事療法も有効です。食事療法を取り入れて肝硬変を治療しましょう。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識