c型肝硬変


スポンサードリンク


C型肝硬変という病気

C型肝硬変という病気は、肝臓に起きる疾患です。

 

簡単に説明すれば、ウィルスにより壊されてしまった肝臓が線維成分に置き換わってしまう病気です。

 

線維成分に置き換わってしまうことで肝臓が通常よりも硬く変化して肝機能が著しく減衰してしまいます。

 

C型肝硬変の中でも種類があり、肝臓に残った正常な部分によって肝臓の働きがある程度は保たれているものを代償性肝硬変といい、代償性肝硬変から症状が進んで必要な肝臓の働きまでに失われてしまうと非代償性肝硬変というものになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

肝硬変が現れた場合の初期症状として自覚症状はほとんどありません

 

進行して肝臓の機能が失われてしまう非代償性肝硬変になってしまうと腹水・浮腫み・消化管出血・黄疸・発熱・意識障害などの症状がみられるようになります。

 

そのほか、肝腫やクモ状血管腫、手掌紅斑、皮膚への色素沈着また肝性脳症といわれる解毒できなかったアンモニアが脳に達っして起こる精神症状などがあらわれてしまうこともあります。

 

自覚症状などから病気が疑われ、血液検査や画像による診断が行われ病気の診断が行われることになります。

 

 

 

 

 

肝硬変の治療としては、静脈瘤が形成されている場合には出血を防ぐために静脈瘤ができている部分に硬化剤を注入して出血を抑える方法がとられるほか、腹水がある場合には安静治療や食事療法、利尿剤の投与などによる治療が行われることになります。

 

食事療法としては、塩分やタンパク質の制限を実施して改善を目指してきます。

 

以上、C型肝硬変についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

黄疸の症状がみられたら、肝硬変を疑おう
肝硬変の症状の一つに黄疸があります。黄疸の症状は肝硬変と直結するケースがあります。
血小板減少は肝硬変の赤信号
肝硬変の危険な症状の一つに血小板の減少があります。血小板の減少が見受けられたら肝硬変を疑う必要があります。
原発性胆汁性肝硬変(PBC)という病気
肝硬変の症状に原発性胆汁性肝硬変(PBC)という病気があります。原発性胆汁性肝硬変(PBC)は普段あまり聞きなれない言葉です。
非代償性肝硬変の症状を解説
肝硬変では非代償性肝硬変という症状があります。非代償性肝硬変の知識を正しく知ることが大切です。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識