原発性胆汁性肝硬変


スポンサードリンク


原発性胆汁性肝硬変(PBC)という病気

原発性胆汁性肝硬変(PBC)という病気を聞いたことがあるでしょうか?

 

原発性胆汁性肝硬変とは、病気患者の約80%〜90%が40歳以降の中年の女性にみられる病気のひとつです。

 

肝管と呼ばれる肝臓にある肝細胞から分泌される胆汁を腸へ向けて排出させるための管の中でも、おおむね40マイクロメートルから80マイクロメートルの中ぐらいの大きさの肝管に自己免疫障害が原因で慢性的な炎症が起きてしまう病気です。

 

慢性的に炎症が起きてしまうことで肝管が破壊され正常であれば排出されるべき胆汁が排出されず肝臓に胆汁が溜まってしまう病気です。

 

 

 

 

 

 

病気が進行してしまうと黄疸という症状があらわれ、肝臓に線維部分が増えてしまい、最終まで病気が進行してしまうと胆汁うっ滞性肝硬変といわれる病気になってしまいます。
肝硬変と名のつく病気ではありますが、肝硬変の状態になっているのではありません。

 

原発性胆汁性肝硬変は症状の出方によって種類が異なります。

 

自覚症状として黄疸や皮膚のかゆみなどがあらわれてくるものを「症候性原発性胆汁性肝硬変」と言い、皮膚のかゆみや黄疸などの自覚症状が見られないものを「無症候性原発性胆汁性肝硬変」と言います。

 

 

 

 

 

 

無自覚で発症する無症候性のものは、多くの場合は人間ドックや健康診断の際の血液検査で偶然発見されます。

 

症状があり進行する症候性のものとは区別されて治療が行われます。

 

一般的には無症候性の大部分は進行しませんが、一部症候性にかわるものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

C型肝硬変という病気
肝硬変の症状の中にC型肝硬変という病気があります。C型肝硬変の正しい知識を身につけましょう。
黄疸の症状がみられたら、肝硬変を疑おう
肝硬変の症状の一つに黄疸があります。黄疸の症状は肝硬変と直結するケースがあります。
血小板減少は肝硬変の赤信号
肝硬変の危険な症状の一つに血小板の減少があります。血小板の減少が見受けられたら肝硬変を疑う必要があります。
非代償性肝硬変の症状を解説
肝硬変では非代償性肝硬変という症状があります。非代償性肝硬変の知識を正しく知ることが大切です。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識