非代償性肝硬変


スポンサードリンク


非代償性肝硬変の症状を解説

肝臓の病気の一つに肝硬変があります。

 

その肝硬変の種類の一つに、非代償性肝硬変という病気があります。

 

通常の肝硬変とは、慢性の肝障害が進行する事で。体内の肝細胞が減少して行ったり、死滅していってしまい、線維組織によって置換された結果、肝臓が硬くなってしまうといったように変化し、肝臓の機能が著しく低下した状態の事を指します。

 

これに対し、非代償性肝硬変とは、通常の肝硬変が進行しているため、肝細胞の多くが破壊されてしまい、少なくなった正常な肝細胞の力では、日常的な生活を送る事の出来る肝臓の機能を発揮できなくなってしまった状態を指します。

 

 

 

 

 

非代償性肝硬変の主な症状としては、体のだるさ、食欲の減退、顔や手足のむくみ、腹部の膨満間、女性化乳房などが挙げられます。

 

その他にも、合併症として肝不全や食道静脈瘤があります。食道静脈瘤とは、食べ物が口から胃への通り道である、食道に沿って走っている静脈に、瘤状の膨らみが出来ます。

 

万が一この膨らみが破裂するような事があると、多量の出血によって命に関わる事も考えられます。

 

この状態がさらに進行することで、肝臓がんにも繋がる可能性もあるため、注意する必要があります。

 

非代償性肝硬変の治療は、合併症の治療を中心に実施していきます。

 

もしも肝硬変の自覚症状に当てはまるものがあるようならば、病院に行き、医師に診断をしてもらう事が必要です。

 

少しでも異変を感じたならば、早めに病院へ行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


関連ページ

C型肝硬変という病気
肝硬変の症状の中にC型肝硬変という病気があります。C型肝硬変の正しい知識を身につけましょう。
黄疸の症状がみられたら、肝硬変を疑おう
肝硬変の症状の一つに黄疸があります。黄疸の症状は肝硬変と直結するケースがあります。
血小板減少は肝硬変の赤信号
肝硬変の危険な症状の一つに血小板の減少があります。血小板の減少が見受けられたら肝硬変を疑う必要があります。
原発性胆汁性肝硬変(PBC)という病気
肝硬変の症状に原発性胆汁性肝硬変(PBC)という病気があります。原発性胆汁性肝硬変(PBC)は普段あまり聞きなれない言葉です。

 
肝硬変の症状 肝硬変の治療 肝硬変になる原因 肝硬変に適した食事 その他の肝硬変の知識